バリアフリー:家の中で転んだことはありませんか?

長く住み続けた愛着のある家。老後も安心して毎日を暮らしていくために、バリアフリーの家へのリフォームをお勧めします。

​安全で快適に過ごせる空間をご提案します。バリアフリーで安心介護!

・玄関/廊下/階段に手すりの取り付け

​・風呂/トイレに手すりの取り付け

・床の段差を無くす

・車椅子対応の流し台に変更

​・玄関にスロープの設置

■介護保険の住宅改修費について

生活に支障がないように、手すりの取付け等、特定の住宅改修を行った場合、一定の限度額内において、費用の9割(1割負担の場合)が介護保険の給付費として、保険者(横浜市)から払い戻されます(事前に申請)。

階段の昇り降りで心配になるのは、転倒や踏み外しでの骨折やケガ。高齢の方や介護が必要な方の階段移動は、身体の負担となります。建築基準法で階段の手すり設置は決められていますが、身長に合った使用者が使いやすいものにします。

手すりS.jpg
トイレバリアフリS.jpg

風呂場は滑りやすく、転倒しやすいので注意が必要です。手すりが必要な場所は、脱衣室との出入り口、浴槽の出入り用、浴槽内や洗い場での立ち座り用などです。身体の状態により、取り付け位置を考えることが大事です。

手すり風呂S.jpg
床バリアフリS.jpg
1926379_s.jpg
888718_s.jpg